埼玉県

【成田氏館】忍城主「成田家」発祥の地!【龍淵寺】(埼玉県熊谷市)

Data

築城:1053年(天喜てんぎ元年)?
築城主:成田なりた助高すけたか(隆)?
主な城主:成田家時いえとき、成田顕泰あきやす、成田親泰ちかやす
所在地:埼玉県熊谷市上之かみの
所要時間:40分

Point

おし城(行田市)の城主として知られる「成田家の発祥の地」
  ⇒このあたりの地名が「成田」だったことが名字の由来とされる
■平安時代後期から室町時代後半に忍城に移るまで約400年も成田家の居城だった!
■成田家のルーツは諸説あって不明…
  ⇒藤原氏の末裔?藤原ふじわらの道長みちながの子孫?横山よこやま党(武蔵国の強力な武士団)の系譜けいふ
  ※龍淵りゅうえんに伝わる系図だと初代は「藤原ふじわらの忠基ただもと」(平安時代中期の公家?)
■「成田」を初めて名乗ったのは平安時代後期の5代目「成田助高すけたか(隆)」
    ⇒12代目「成田家時いえときが1411年(応永おうえい18年)に龍淵りゅうえんを館の北に創建
    ⇒14代目「成田顕泰あきやすが忍城を築き、15代目「成田親泰ちかやすが居城を移した?
  ※館跡の西側には成田泰蔵たいぞう(親泰の孫)が再興したという「泰蔵院たいぞういん」が残っている
■ちなみに、石田三成に忍城を水攻めをされた時は17代目「成田氏長うじなが(親泰の孫)
  ⇒城代となった“のぼう様”こと「成田長親ながちかは成田氏長の従兄弟いとこにあたる
  ※◯代目の数え方も諸説ありなのでご参考までに!

パラメーター(5段階)

防御力     ★
映えレベル   ★
知名度     ★
アクセス    ★★
牛の数     ★★★★★

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました