大河ドラマ『鎌倉殿の13人』埼玉県

【畠山館】“坂東武士の鑑”「畠山重忠」の生誕地!【畠山重忠公史跡公園】(埼玉県深谷市)

Data

築城:平安時代後期(1100年代前半)?
築城主:畠山はたけやま重能しげよし重忠しげただの父)?
主な城主:畠山重忠
所在地埼玉県深谷ふかや市畠山
所要時間:30分

Point

■鎌倉幕府の有力な御家人ごけにん「畠山重忠」の生誕地と伝わる館跡!
    →現在は「畠山重忠
こう史跡しせき公園」として整備されている
   ※公園内には墓石や
産湯うぶゆの井戸など畠山氏ゆかりの史跡が残る!
■築城したのは“畠山氏の祖”である畠山
重能しげよし(重忠の父)?
    →畠山氏は現・埼玉県
秩父ちちぶ市吉田町を拠点とした秩父氏の一族

◯主な秩父一族
江戸えど氏』 居城は江戸氏館(江戸城)喜多見きたみ氏と改名して江戸幕府の旗本に。
河越かわごえ氏』 居城は河越氏館みなもとの義経よしつねの正室(郷御前さとごぜん)は河越氏の出身。
高山たかやま氏』 拠点は現・埼玉県日高ひだか市高山。戦国大名の高山右近うこんは末裔とも。
豊島としま氏』 居城は石神井しゃくじい練馬ねりま城など。太田道灌どうかんに滅ぼされる。
葛西かさい氏』 豊島氏の一族。奥州おうしゅう総奉行そうぶぎょうに任命され、東北の名門戦国大名に。
渋谷しぶや氏』 拠点は現・神奈川県大和やまと市渋谷。居城は渋谷城など。
東郷とうごう氏』 薩摩に移った渋谷氏の一族。末裔には海軍軍人の東郷平八郎へいはちろう
伊地知いぢち氏』 現・福井県勝山かつやま市伊地知に由来。大隅おおすみに移り島津しまづ家の家臣に。

■ちなみに、畠山重忠は1205年(
元久げんきゅう2年)に北条氏の陰謀いんぼうにより討死
    →
未亡人みぼうじんとなった畠山重忠の正室北条ほうじょう時政ときまさの娘)は足利義純よしずみに再嫁
    →足利義純は足利氏(後の室町幕府の将軍)の一族で「畠山氏」を名乗る
    →室町幕府
三管領さんかんれいと称された有力大名のNew・畠山氏の始まり!
■畠山重忠の館と伝わる場所は、他に菅谷館すがややかた(埼玉県嵐山らんざん町)がある!

パラメーター(5段階)

防御力     ★
映えレベル   ★
知名度     ★★
アクセス    ★★
畠山重忠愛      ★★★★★

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました